【石材紹介】G562

石材紹介

建築や暮石に使用される石材には、国内外に多様な種類があります。
ここではよく使用される石の性質や特徴をご紹介いたします。
14回目は中国の代表的な赤御影石「G562」です!

●中国の代表的な赤御影石

G562は中国南西部の広西省で産出される赤御影石です。
この地域は、ベトナムと国境を接していて、農業が盛んです。
G562は、中国産の赤御影石の代表ともされており、ブラジルの赤御影石「カパオボニート」と似ていることから、「中国カパオ」と呼ばれたり、「広西紅」と呼ばれたりしています。

G562

色合いは、赤茶色からオレンジ。石目が大きく、大きな柄がはっきりと出た、華やかな御影石です。
吸水性も低く(0.18%)、耐摩耗性もあります。
しかし、柄が大きいため、石目の違いもはっきりしており、広い面積で使用する際にはバランスに考慮する必要があります。

三条商店街

主な使用用途としては、表札やガーデニング周りの石製品、床石などです。
弊社でも、G562(ジェットバーナー仕上げ)を使用して、京都の三条商店街の床石施工を多数行っています。


建築石材について、もっと詳しく知りたい方はこちら
石見本もたくさん載せています!

鳥居の貫石に穴を開ける

★石工(正社員)募集

京都の石屋でプロの石工を目指しませんか?測量、墨出しなど、石工事の基礎から丁寧にお教えします。
石に興味のある方、他府県からの希望者も歓迎します!詳しくはこちら

Follow me!

関連記事

この記事へのコメントはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/kyoto-ishiya/www/wp/wp-content/themes/fake_tcd074/comments.php on line 91