【石材紹介】ベルファースト

石材紹介

建築や暮石に使用される石材には、国内外に多様な種類があります。
ここではよく使用される石の性質や特徴をご紹介いたします。
12回目は南アフリカの代表的な黒御影石「ベルファースト」です!

●建築石材、墓石にも好まれる黒御影石

ベルファーストは、南アフリカで産出される、黒御影の代表です。
御影石、なので、花崗岩ですね。ですので、さまざまな鉱物の結晶が組み合わさって構成されています。その組み合わせによって柄が出てくるのですが、ベルファーストは全体的にほぼ黒色の御影石です。

ベルファースト

しかし、細やかな目のなかに、金色の粒子も見られます。この金色のことを「ゴールドスポット」と呼ぶそうで、特に格調の高い部分とされています。
日本では歴史の古い石材で、建築石材・墓石の両分野で人気です。
一級材とされた、スーパーダークはすでに閉山となりました。それに伴い、現在では産出量は減少傾向にあります。

●特徴と留意点について

吸水率は0.022%と低く、硬質なので、経年劣化が少なく、高品質な石材といえます。主な使用用途としては、建築物の床材やキッチンの天板、お墓など
仕上げは、本磨き仕上げ、ジェットバーナー仕上げなどが一般的です。

ベルファースト使用時の留意点といえば、耐火性に劣るという点です。
バーナーの炎でもヒビが入ってしまうほどだそう。火を使用する場所、非常に高温になることが予測されるエリアでの使用は避けましょう。また、本磨き仕上げにした際には、キズが目立ちますので気を付けましょう。


建築石材について、もっと詳しく知りたい方はこちら
石見本もたくさん載せています!

鳥居の貫石に穴を開ける

★石工(正社員)募集

京都の石屋でプロの石工を目指しませんか?測量、墨出しなど、石工事の基礎から丁寧にお教えします。
石に興味のある方、他府県からの希望者も歓迎します!詳しくはこちら

Follow me!

関連記事

この記事へのコメントはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/kyoto-ishiya/www/wp/wp-content/themes/fake_tcd074/comments.php on line 91