社標・寺標

石柱に神社名を刻んだものを「社標」、寺院名を刻んだものを「寺標」と呼びます。古くから社寺建築の石工事を主とする弊社では、社標や寺標も手掛けており、屋号である「石茂」や代々襲名されてきた「芳村茂右衛門」の名が刻まれたものも残されています。

【平安神宮】

【豊国神社】

【宗像神社】

【護王神社】

記念碑(社寺)

【知恩院】

【鹿苑寺(金閣寺)】

【晴明神社 日月柱】

南に「日」、北に「月」を配し、陰陽を表しています。石柱は、かつて四神門の門柱として使われていたもので、「明治37年9月晴明公九百年祭紀念」と刻まれています。

【護王神社】

【首途八幡宮】

【大本教 四大綱領碑】

【宗像神社】

記念碑(学校・団体)

【京都府立植物園】

【駅伝の碑】

【明治東洋医学院専門学校】

【京都市立中立小学校】

【滋野中学校】