伝統工芸士が造る石仏

日本人しか彫れない、石がある。

私たちは、享保年間の創業以来社寺建築の石工事に関わり、多くの石製品を社寺仏閣に納めてきました。その経験から確信していることは、『日本人が礼拝する石仏や神社の狛犬、狐などは、日本人しか彫れない。』ということです。 日本人ならではの感性を持った石彫刻家が手掛けることで、石仏に手を合わす日本人の方々に感動を与えるような仏像を表現することができるのです。

石彫刻家の作業風景

現在活躍中の石彫刻家の多くは、石彫刻で名高い愛知の石材産地にて修行をしてきました。石彫刻家は最低でも5年、お礼奉公を含めたら10年ほど産地にて務めた後、故郷に戻ります。その地にて、更に10年ほど石と向き合うことで、『匠の技』を極め、やがて伝統工芸士となる方もいます。

国産の石彫刻品をお薦めする理由

京都市右京区 妙智院の永代供養墓

石彫刻品をご検討でしたら、国内で手掛けたものを強くお薦めします。石彫刻家である彼らが手掛ける石彫刻品は、師から弟子へ、父から子へと受け継がれてきた、匠の技が惜しみなく使われています。そのような技と、日本人の石仏にむけた心は、日本の文化と風土と、日本人の心の中でこそ、育まれるものだと言えます。こういった環境があるからこそ、はじめて完成する「日本人にしか彫れない石」があるのです。これこそ、私たちが特に国産の石彫刻品をお薦めする理由です。

伝統的な石仏も、オリジナル石仏も

㈱石茂 芳村石材店では、お客様のご要望に合わせて、様々な石仏をお作りしてきました。中でも一番ご希望が多いのは、観音様です。観音様には、十一面観音、如意輪観音、千手観音など、様々な変化観音様がおられますが、中でも一番の人気は聖観音様です。その他、お不動様やお地蔵様も承ります。

オリジナル鍾馗様

また、伝統的な石仏だけでなく、オリジナルな石仏もお任せください。あまり馴染みのない神様でも、古い資料や仏教辞典等を調べてデザイン画を作成したり、観音様のお顔をお施主様の奥様のお顔立ちに似せたり、強面の鍾馗様を丸みを帯びたキャラクターにしたりすることもできます(キャラクター石像については参考ページをご覧ください)。もちろん、石の彫刻は伝統工芸士の技で完成いたします。きっと、ご満足いただける、世界にひとつだけの逸品をお届けいたします。

石仏 施工実績(抜粋)

2005年瀧谷不動尊三十三所堂・荒神堂新築工事大阪府
2004年晴明神社式神石像新築工事京都府
2002年成田山満福院本堂信徒会館新築工事 仏足石愛知県
2001年誠心院神変大菩薩石像京都府
2001年乗願院霊芝観音像愛媛県
2000年甚目寺観音像兵庫県
1998年誠心院 二十五菩薩境内整備工事京都府
1989年西ノ瀧瀧水寺不動堂石工事・不動尊像香川県
1972年上徳寺水子地蔵京都府
1972年中山寺 戦歿者慰霊観音像工事兵庫県
1958年霊山観音 仏足石・釈迦涅槃像・無名戦士碑京都府
1915年下御霊神社 狐像京都府