狛犬(こまいぬ)とは

神社の参道のなどで良く見る狛犬の起源は、仏教発祥の地「インド」と言われています。古代インドで仏像を守護するためにライオン(獅子)像を置いていた慣わしが、仏教の伝来と同じように、中国から朝鮮を経て日本に伝わったようです。他にも諸説ありますが、現在よく見る狛犬は、日本で新たに変化した形のようです。

狛犬は左右の形が異なり、向かって右側が“阿”と口を大きく開けた獅子。左が“吽”と口を閉じて頭に角を生やした狛犬です。どちらもライオンをモチーフにした架空動物で、この「獅子・狛犬」のペアで「狛犬」と呼ばれています。また狛犬が阿吽型になったのは、お寺の山門に立つ仁王像にならったもので、この点が日本独自の形と言われています。狛犬は基本的には厄除けや神様の守護ということで、神社の参道や拝殿前の両側に建てられています。

石工 茂右衛門の狛犬

茂右衛門は私ども芳村の「襲名」の名前です。(茂右衛門の詳細については、こちらをご覧ください)“茂右衛門”の狛犬は明治も12年頃から明治39年の間の約30年間に名前を多く残しています。この頃のは、3代目と4代目茂右衛門の作品と思われます。

茂右衛門の狛犬作品は小寺慶昭先生の名著「京都狛犬巡り」(192頁)に、詳しくご紹介いただいていますが、特に北野天満宮に多く置かれています。場所は三の鳥居の前、楼門の階段両脇、絵馬所前の参道入口、そして東門鳥居前の4箇所です。その他、近くでは敷地神社(わら天神)、上御霊神社、下御霊神社の狛犬にも「石工 茂右衛門」の名が刻まれています。

小寺慶昭先生のご本における評価では、特に北野天満宮の絵馬所前の参道入口に置かれた、茂右衛門の狛犬に注目され以下のように記述されています。
「従来の狛犬より比較的短い足だが、実に力強い。たてがみの表現が複雑になり、顔の表情も豊かになっている。(中略)茂右衛門の狛犬の躍動感は実に洗練されていて、清爽な感じを与える。この狛犬のモデルについては分かっていない。ただ、浪花狛犬や白川狛犬の一部を改良した姿でなく、新しいイメージを導入しているに違いない。そして、この狛犬の形式が岡崎狛犬が浸透してくるまでの間に、特に大正から昭和にかけて主流となるのだ(浸透後もかなり設置されている)。滋賀県下にはこの系統の狛犬が多く残っている。現時点で、私は「石茂狛犬」と名づけているが、仮称であり、今後の他地域での調査を待たなければならない。」

茂右衛門狛犬

●下御霊神社

●敷地神社(わら天神)

●北野天満宮(三の鳥居)

●北野天満宮(楼門階段脇)

●北野天満宮(東門鳥居前)

●北野天満宮(絵馬所参道脇)

オリジナル狛犬

狛犬 施工年表(抜粋)

1985年松尾神社社殿・狛犬石工事京都府
1982年金刀比羅宮 狛犬像工事香川県
1924年清水寺 境内石工事・狛犬他京都府
1907年下御霊神社 狛犬京都府
1906年北野天満宮 狛犬京都府体長約109cm
1906年荒見神社(城陽市) 狛犬京都府体長約70cm
1900年奥山田天神社(宇治田原町) 狛犬京都府体長約72cm
1899年敷地神社(わら天神)狛犬像京都府体長約58cm
1895年上御霊神社 狛犬京都府体長約67cm
1888年北野天満宮 狛犬京都府体長約71cm
1883年宗像神社 社標石・狛犬像京都府
1882年北野天満宮 狛犬京都府体長約86cm
1879年北野天満宮 狛犬京都府体長約84cm