社寺建築と石工事の関わり

日本に社寺建築が造られ始めたのは、仏教が伝えられた6世紀に始まります。飛鳥寺をはじめ多くの建築物が建てられてきましたが、その時に石工の技術も大陸から伝来されたものと言われています。石は大切な木造の建造物を地震や水害から護り、また建物の荘厳さを際立たせる素材としても最適だった思われます。建築様式が飛鳥、白鳳、天平、弘仁・貞観、和様と変わり、禅宗様、大仏様、折衷様とさまざまな様式が現れても、石が木造建築の中で求められている役割は変わりません。日本は「紙と木」の文化と言われますが、実はその文化を支えるものに“石”が大きな役割を担っていた、とも言えるのではないでしょうか。

現在残されている寺院や神社の参道や建築物を支えている基壇、礎盤、または床の四半貼りを見ても共通の形が見られます。明らかに寺院と神社では建物の形は異なるのに、基本パーツの“石”に共通点が多いことに、神仏習合的な流れや日本人の合理性を感じ、面白さがあります。神仏習合といえば、今でもお寺の境内に鳥居や玉垣が建てられている例も少なくありません。例えば、弘法大師が雨乞いをしたことで有名な神泉苑は、真言宗のお寺ですが立派な鳥居と玉垣があります。また、聖徳太子の建立した四天王寺にも大きな石鳥居があります。

社寺建築の石仕事と一括していますが、実際は神社建築と寺院建築とに別れます。ただ上記のように多くの部分で、石の部分の作りは参道、石階段、石垣積み、橋、基壇、基礎石、礎盤、束石、狭間石、地覆石、葛石、床の四半貼り、標石など、共通のものが見られます。

芳村石材店の石工事について

石材の製作については、初めに設計士の先生が描かれた建物の設計図を基に、営業担当が石の施工図面と加工図面をCADで作成します。そのうち加工図面は生産地の工場に送り加工されます。また施工図面は施工技術者(石工)に渡されます。

私どもの営業担当は全員、現場調査→見積り出し→図面作成→工場発注→検品→現場施工管理まで、一貫して行っていますので、問題なく品質管理も行き届いていますので安心です。また施工内容に応じた経験豊かな石工を選び、作業能率と完成度を高めることに力を注いでいます。そのことが“お客様大事”を家訓に、「京都の石屋」として続けてきた店の方針であり、企業姿勢だと考えております。