建築石材施工の石工/外注 採用情報

伝統を継承し、後世に残る石文化を共に築く
建築石材施工の石工 / 外注さん
建築石材施工(経験者)及び見習いを募集!

募集要項

職種:建築石材施工の石工 / 外注さん(建築石材施工 経験者、及び見習い)

雇用形態:業務委託契約

仕事内容:石材を使用した一般建築物、文化財の修復に係る石工事での作業です。
     京都と近県を中心に、社寺建築や文化財及び一般建築の石材施工に関わる仕事を多く行っています。
     特殊な建築石材施工の世界に興味があり、知識や経験を深めたい方、歓迎します。

給与:日給15,000円〜20,000円(経験、作業内容により相談)

お問い合わせ:075-211-2711(担当:山田)

その他、詳しくはお問い合わせください。

会社について

享保年間、創業。京都で日本の石文化を護り続ける石屋。

芳村石材店は、京石工発祥の地である京都白川村にて、今から270年前の享保年間に創業しました。
文政十三年(西暦1830年)に、白川村より現在の東堀川椹木町に移住。以来、芳村茂右衛門の名を代々世襲し、屋号を石茂として、石仕事に取り組んでいます。昭和44年には株式会社に改組。「株式会社芳村石材店」となり、現在に至っています。
◆会社案内について詳しくはこちらをご覧ください。

建築と墓石の2部門によって構成。

江戸、明治、大正、昭和、平成、そして令和の6代を通じ、京石工の伝統と技術を守り育ててきた芳村石材店は、建築部門と墓石部門主に2つの部門で成り立っています。両社ともに共通する理念は「本当に良い品を安心の価格と技術でお届けする」。お客様のお悩みやご相談に、長年培ってきた経験や技術を活かしつつ、従来の枠にとらわれない発想を以って、ご納得頂ける解決策の提案に励んでいます。

建築部門

ビル・住居等の一般建築石工事はもちろんのこと、各種の公共工事や文化財、社寺仏閣、記念碑等の石工事を担っています。特に文化財の伝統建築物における石工事は、京都のみならず近畿圏で幅広くご依頼を頂いております。
主な施工実績として、琵琶湖疎水石工事、清水寺境内石工事、北野天満宮狛犬像、総本山聖護院参道工事、長岡天満宮大鳥居石工事、総本山仁和寺参道工事などがあります。

◆ 詳しくは、社寺建築のページをご覧ください。

墓石部門

お墓を建てることは、亡くなられた方への想いやご先祖様への感謝、ご供養の念などを形にすること。

愛のこもった石碑や供養塔であるだけに、設計者・施工者ともに、お施主様の気持ちに寄り添いながら、心を込めて製作しています。

創作墓

文化財保護に対する取り組み

文化財保護の大切さや、文化財を支える匠の技を広報するため、京都古文化保存協会主催の「文化財ドック」に参加しています。子どもたちに石工の歴史や文化財の伝統技術について伝えたり、未指定文化財の所有者を対象とした修理・修復・保全のための無料相談を行っています。

◆「文化財ドック」について詳しくはこちら
(文友会マスコットキャラクター ブンカザイ・ドッグくんHP)

京石工の歴史について

木造建築を作る人を「大工」と言いますが、石を素材に建築の仕事に関わる人を「石大工」または「石工」(いしく)と言います。

その歴史は古く、飛鳥寺や法隆寺など古代の寺院建築にも、礎石や基壇、石段、参道などの多くの部分で活躍の跡が見られます。
もとより石工は、灯篭や石塔、石仏など石造美術の製作に関わり、仏教が全盛を迎えた鎌倉時代には、五輪塔、宝篋印塔、石燈篭などが多く造られ、重要文化財指定の作品も残されています。

室町~戦国時代は築城の為の石垣積みの技術が発達しますが、安土・桃山を迎え“茶ノ湯”の世界が広がりで、灯篭や蹲など観賞用石造品が多く造られるようになりました。
歴史的木造建築物の石仕事に関わってきた京石工が、商いとして町に定着し始めたのは、墓石や灯篭が庶民に普及し始めた江戸時代と言われています。

私どもは、京都で100年以上商いをさせていただいた店として「京の老舗」の認定を京都府よりいただいております。
これからも「京都の石屋」として、時代に応じた技術と知識の研鑽に努め、京石工の伝統を護り続けたいと考えております。

メッセージ

芳村石材店の家訓は「お客様大事」。私が2010年代表取締役に就任したとき、会社理念に「本当に良い品を安心の価格と技術でお届けする」を掲げました。この理念を社員と共有し、技術と知識の向上に努め、お客様の声に常に向き合いながら、事業に励んでおります。

また、弊社では、お客様に感謝し、仕事を通じて、社員みんなが物心両面で満たされ、共に幸せになれることを目指しています。近年、人口減少と景気変動による労働力不足が深刻化する建設業において、顧客満足と社員満足の両方が満たされるような企業を目指しています。

京都で石材事業を創めて290年となる弊社ですが、社会における仕事の必要性を常に問い、奢らず、怠らず、お客様の暮らしと日本の文化の発展に貢献し続けたいと考えております。

代表取締役 山田俊行

スタッフインタビュー

【建築営業】山田 麗

経験年数:3年(建築営業:2年)

【建築営業】菅家 幸太

経験年数:石工 3年5ヶ月→営業 2ヶ月

【石工】惠上 貴弘

経験年数:9年

現場ノート

石工事仕事を紹介するブログ「現場でガンバ」最近のお仕事も紹介しているので、参考にご覧ください。

文化財における差石据え直し石工事

重要文化財養源院中門。階段の踏面部分の差石が年月が経つについて、外れてきたので、部分的に修繕を施しています。

傾いたお墓の据え直し

お墓のクリーニングや草むしり、お墓参り代行、文字追加彫り、移設、撤去など、お墓に関するご相談も承っております。

建物内装の乱貼り石工事

玄昌石を使った建物内装工事について。ビル内の1区画において、乱貼りを行いました。

地覆石の自然石あわせ

京都市内の店舗にて、地覆石を3本据付ました。既存石が据わっていた為、自然石に合わせて加工を行いました。

自然石・板石取り解き・据え直し工事①

京都市上京区の神社にて。電線を地下に通すために、参道の自然石と絵馬堂の葛石、及び板石を取り解きました。

自然石・板石取り解き・据え直し工事②

京都市上京区の神社にて。既存石の取り解き及び据え直し工事、2日目の作業。