私たちは、伝統建築における石工事に特化した石材店です。

石畳

石茂 芳村石材店は、京都という歴史的な土地で300年にわたり、石工事に従事してきました。その多くは、神社や寺院といった、伝統建築物です。石鳥居や玉垣、石階段など、石を素材とした様々な歴史的建造物の保護に取り組んで参りました。

伝統建築物における石工事のご相談は、ぜひ、石茂 芳村石材店へ。 そう自信をもってお伝えできる、5つの理由があります。

①享保年間創業。受け継いできた技術で安心の品質。

石茂の発祥は、江戸時代に京都北白川の地で、石工として生業を始めたことだとされています。以来、現在に至るまで、石工の技術と伝統を守り続けてきました。継承してきた伝統技術を用いて、お施主様の大切な建造物を守るお手伝いを致します。

②心を込めて、お施主さまに丁寧に寄り添います。

お見積りの段階から、設計、発注、施工、そして完成に至るまで、徹底的にお施主様に寄り添ったサービスを目指しています。ご相談を通じて、お施主様のご要望を丁寧にカウンセリングし、設計に努めています。構造計算を踏まえ、伝統的な手法を引き継ぐのはもちろんのこと、ご希望に応じて、新しいデザイン等もご提案いたします。

③既存の材料を大切にし、伝統を守ります。

社寺建築など、伝統建築の修繕・修復の際には、現場に従来据えられていた石をなるべく再利用して施工することを心がけています。そのような伝統建築物に使用されている石材には、その背景に大切な歴史があります。携わった多くの方々の思いが込もった素材を、出来る限り活かして次世代につなげていきたい、と私たちは考えています。

④自然災害を考慮した設計をご提案します。

地震や台風など、自然災害が多発する日本においては、引張強度が小さく、重量がある石造物は、特に入念な構造計算が求められます。私たちは設計の段階で、自然災害が発生した際にも耐久性の高い構造物を目指し、構造計算を繰り返し、ご提案しております。特に重量の大きい構造物においては、構造計算のプロの方にもアドバイスを頂いているので、お施主様に安心の品をご提供できます。

⑤伝統に捉われない、新しい発想。

伝統的な手法を守り続けるだけでなく、新しいアイディアを用いた設計も数々ご提案しております。ただ独創的なアイディア、ということではなく、その土地や社寺の歴史、これまでの建築手法などを、現代的なデザインと掛け合わせた、そのお寺や神社ならではの、新しい設計をご提案致します。

社寺建築にまつわる主な事業

  • 石鳥居
  • 玉垣
  • 石灯籠
  • 宝塔・古代五輪
  • 石仏
  • ご質問、ご相談など、お気軽にお問い合わせくださいませ。お見積りは無料です。0120-039-148受付時間 9:00-17:00 [ 日・祝日除く ]

    メールでのお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。