Japan Quality    ◆伝承される。和の心と匠の技◆  
伝統工芸士、石材施工一級技能士が創る。日本品質の石造美術品

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店

神は細部に宿るって、本当だね。

近代建築の巨匠の一人、ミース・ファン・デル・ローエの有名な言葉である、“神は細部に宿る”は、「シンプルで美しいデザイン(外観)の創造は、ディテール(細部)へのこだわりこそ大切である」と云う意味の喩ですが、この事は、神が住まわれる神社の結界である石鳥居を建てる時にも当てはまります。元来、二本の掘立柱に傘木と、捻じれ除けの抜きを通しただけの、シンプルな形の鳥居ですが、木造から石造の鳥居に変った時点で造り方と建て方にも大きな変化がありました。木よりも硬く、重く、加工しづらい石ならではの細部へのこだわりが必要だったと云えます。例えば、頭が大きく重い笠石をのせた柱石の基礎構造を始め、柱石の傾斜角度、パーツごとの長さや太さの比率、さらに表面のビシャンや小叩きの仕上具合や、柱石、中抜石、笠石等のメジ幅など、細かい計算に基づいた加工と施工技術が必要です。もちろん、大きな建造物で人が潜る物だけに、美しさだけでなく、安全であることが第一です。

私たち、㈱芳村石材店は、各神社の明神型鳥居だけでなく、天皇陵に代表される、神明型鳥居なども、多く手掛けてまいりました。新しい石鳥居の設計、製作、施工はもちろんのこと、古い鳥居の据え直しや修復、撤去等などでも、お困りの事がございましたら、ぜひ、お気軽にご相談下さい。

メールボタン

◆国産石鳥居をお薦めします◆

石鳥居を製作する為にはまず、柱石や笠石など長いパーツを造る為、長尺の石が必要です。石材は御影石なら国産も中国産も、強度的にはあまり変りませんが、日本の神社に据えるのだから国産にしたいと云うお考えもあるようです。また、技術的には明らかに日本の国内加工が優れていて、石と石の合わせ部分のメジのあき具合や、表面の仕上は全然違います。正直、中国製は仕上が大雑把なものが、多く見られます。以前は中国で柱石や笠石などの全体の形を中国で造り、メジや仕上は国内で二次加工したり工夫してコストを下げていましたが、近頃の中国は賃金を始めとした生産コストが毎年上り、流通費用まで含めると、安さが感じられなくなっています。特に2015年末頃から見られ始めた、中国の景気低迷により石材業界も淘汰が行われ、技術者の流出も見られる為、値段だけで中国製品を選ぶのはリスクが高くなっています。一度、建立したら百年以上、神社をお守りする石鳥居なだけに、より精度の高い国産品をお薦めいたします。ぜひ一度、ご相談下さい。

メールボタン

石鳥居・玉垣 インデックス

◆石鳥居

◆玉垣

◆石鳥居

鳥居の施行

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店鳥居は本来、柱石と柱石の間に貫石が挟まり、上に笠石がのることで個々の石がせめぎ合い、バランスを保っています。古い石鳥居の柱の下には大きな根石がくっついていることがあります。地中の根石が地震の時には、起上り小法師の役目をして揺れることで力を分散して、真ん中の薄い貫石が折れて、大きな柱石が折れるのを防いでいると言われています。また基礎をガチガチにコンクリートで固めずに、柱石を基礎の穴に差込み、周りを砂で突き固めるなどの工法も伝わっています。建てる場所の状況にもよりますが、先人の知恵を活かし最新の技術で建てることが大切だと考えます。

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店

長岡天満宮

石鳥居の設置には、かつては木製の三又が使われましたが、現在は安全と効率性を考慮して、移動式のクレーンが使われます。大きな鳥居の場合は10tのラフタークレーンも使われます。
※平成10年に建てた長岡天満宮の大鳥居の時は、笠木の長さ12m、総高9.75m、総重量50tもあり、特大のクレーンが使われました。鳥居を建てる場所が小高い土手の上にあるため、初めに160tのトラッククレーンを使い、石鳥居と22tラフタークレーンを上げてから、鳥居が建てられました。

●ご注意ください

石鳥居には柱石、笠石、貫石とそれぞれに、バランスを考えた太さと長さの寸法があります。また形だけ真似ても、建てる際に重要な大入れやホゾ加工の難しさがあります。安さで中国加工品を選ばれると、合せ部分が大きく開いたり、粗い仕上げだったりすることもあります。長年立ち続ける「神聖なお品」としてはお勧めできません。必ず鳥居製作に慣れた国内の産地による検査や二次加工が必要です。特に施工は、重量物であり危険が伴いますし、経験による慣れとコツがないと巧く建ちませんので、くれぐれもご注意下さい。

鳥居の工事履歴

宮内庁/天皇陵(神明型)工事履歴

2008 平成 20 清寧天皇陵 鳥居改築工事 大阪府
2008 平成 20 継体天皇陵 鳥居改築工事 大阪府
2008 平成 20 飯豊天皇陵 鳥居改築工事 奈良県
2008 平成 20 開化天皇陵 鳥居改築工事 奈良県
2007 平成 19 光仁天皇陵 鳥居改築工事 奈良県
2007 平成 19 後三條天皇陵 鳥居改築工事 京都府
2006 平成 18 冷泉天皇陵 鳥居改築工事 京都府
2004 平成 15 文徳天皇陵 鳥居改築工事 京都府
2004 平成 15 孝元天皇陵 鳥居改築工事 京都府
2004 平成 15 隆子女王墓 鳥居改築工事 三重県
2003 平成 15 用明天皇陵 鳥居改築工事(宮内庁) 大阪府
2001 平成 13 後亀山天皇稜 鳥居改築工事 京都府
2000 平成 12 光明天皇陵 鳥居石工事 京都府
1997 平成 9 尊良親皇墓他1基 鳥居改築工事 京都府
1995 平成 7 大枝陵 鳥居改築工事 京都府
1993 平成 5 村上天皇陵 鳥居改築工事 京都府
1990 平成 2 宇治陵 鳥居改築工事 京都府
1983 昭和 58 恒武天皇皇后陵 鳥居改修工事 京都府

明神型工事履歴

2010 平成 23 平安神宮内地主社石鳥居新設工事 京都府
2010 平成 22 松尾神社鳥居修復工事 京都府
2009 平成 21 護王神社鳥居新設工事 京都府
2007 平成 19 中山寺鳥居移設工事 兵庫県
2005 平成 17 加茂神社鳥居新設工事 京都府
2004 平成 16 平安神宮大鳥居改修工事(腰石改修工事) 京都府
2003 平成 15 神田神社鳥居新築工事 京都府
2001 平成 13 晴明神社鳥居移設工事 京都府
1998 平成 10 長岡天神大鳥居新設石工事 京都府
1995 平成 7 石清水八幡宮鳥居修復石工事 京都府
1936 昭和 11 鶴ケ岡八幡宮 国宝大鳥居修復工事 神奈川
1935 昭和 10 豊国神社 石鳥居・社標石 京都府
1934 昭和 9 宗像神社 南鳥居 京都府
1917 大正 6 伏見稲荷大社 石鳥居・狐像 京都府
1907 明治 40 粟田神社 石鳥居 京都府
1905 明治 38 首途八幡宮 石鳥居 京都府

鳥居の豆知識

①鳥居の起源

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店

首途八幡宮鳥居

“鳥居”の起源には諸説あり、日本古来のものだとか他国から入ったものだとか定説がないようです。またトリイという語源についても、鳥居の上が「鳥の居やすい場所」だからという説や「下を通り入る」からだからなど、いろいろと伝えられています。現在、鳥居の素材としては木、金属、鋳物、コンクリートといろいろありますが、石鳥居はすでに平安時代後期には建てられていたようです。
※弊社でも江戸時代より数多くの石鳥居を製作していますが、記録に残るものは明治38年の首途八幡宮石鳥居と明治40年の粟田神社石鳥居の建立からとなっています。

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店

長岡天満宮

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店

②鳥居の素材

鳥居の素材はお稲荷さんなどでは木製が多く見られますが、加工のしやすさと、昔は比較的大きな木材が国内で確保しやすかったからではないでしょうか?でも最近は木材が高めなのと、耐久性の面からも石の鳥居に替えることが多く、御陵の鳥居などは毎年、ヒノキから石鳥居に建替えられています。鳥居の石材としては長尺ものが採れて、石目が細かくボセイがないものが好まれます。関西では長年、北木石が使用されてきました。しかし最近は長尺の北木石の産出量が減り、鳥居の石材としては使われなくなったのは、残念です。今は中国産の白御影石が多く使われています。しかし石表面の細かなビシャン仕上げや、石と石の接続面の大入れ加工は、日本人の技術に及ばないのが現状です。

③鳥居の種類

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店鳥居は大きく分け、神明型と明神型の2つに分けられます。神明型は柱、笠木に丸材を使うことが多く、反り増しがありません。全体的に直線的な形になっていて、柱にも転びがなく、地面に対して柱の内側が直角に建てられます。その形は、歴代天皇陵の鳥居をはじめ、伊勢鳥居、靖国鳥居などに代表されます。

一方、明神型は笠木の下に島木が付き、上向きに反り増しがあります。柱石は内側に転びがあり、貫も貫通しているものも多く見られます。良く神社に建てられているのが、この明神型鳥居です。笠木と貫の中心に額を配したり、柱の上に台輪や裾に亀腹などの装飾性がある鳥居も、多く見られます。

◆玉垣

玉垣(たまがき)とは

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店

堺・大仙公園

玉垣とは、神社の境内の周りを囲んでいる木や石でできた境界の柵のことを言います。玉垣の“玉”の字は神聖なもの、美しいものを指しており、玉垣とは「神聖な神様を囲む垣」という意味だと言われています。神社では比較的、石の玉垣が良く見られると思いますが、この玉垣を支える土台は、石積みのものや、壇上積みに亀腹を配したものなど、神社によりいろいろ見られ、あまり定型はないようです。

基本的に玉垣は、頭を三角錐に絞った四角柱(親柱と子柱)と笠石、地覆石で構成されています。玉垣の端はしに親柱を置き、その間も等間隔(数M毎)に親柱が立ちます。親柱と親柱の間には地覆石が敷かれ、地覆石の上に子柱が数本立ち、子柱の頭上に笠石がのせられます。
※笠石がなく、柱と柱の間を石や金属の棒で繋ぐ形も良くあります。

玉垣の老朽化と修理

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店

出雲神社京都大教会

昔からの玉垣は長年の風雨にさらされ、土台の内部に水が浸透し、中の土がやせて石積みが壊れたり、上の玉垣が前に傾いたり、破損することがあります。基礎も現在ほど強固でなく、地中の土が流動化し、玉垣の重量に耐えられず、全体に沈下することもあります。また、柱石の間を金属で繋いだ玉垣に良くある例では、柱石に穴が貫通しているため、石の薄い部分が風化し割れ落ちることがあります。

傾いた玉垣の修復は、基礎のやり直しから考えることも必要です。以前の例ですが、玉垣近くの池の排水土管が知らぬ間に地中で潰れて、水が地盤に浸透してしまい、全体が傾いた玉垣がありました。この場合は、池の底を粘土で補修し、地盤を土壌改良剤で整備してから、基礎を打って建て直しました。また基礎地盤の下に、建てた時は気づかなかった昔の腐葉土があって、沈下したなどの例もあります。いずれにしても何度も行えるものではないので、根本原因の解消をしてからの建て直しが大切です。

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店

本能寺歴代墓

また、古く割れた名入りの柱石は、以前ご寄進された方のご親族がおいでなら、再度、ご寄進をお願いし、おられない場合は新たに、ご寄進者を募ることになります。以前建てられた玉垣は、だいたい国産の石を使って、国産で加工したものと思われます。その点、最近は外国産の石材を使って、外国での加工が可能ですから、製品自体は以前より安価に製作ができると思います。施工についても、近年は、手元でリモコン操作ができるクレーンの普及でずいぶんと効率良く作業できるようになりました。むしろ既存の石材を丁寧に解体して建て直すより、新しい材料で建てたほうが手間も少なく、安価にできることもあります。

京都, 石屋, 石材店, 石鳥居, 玉垣, 特注品, 伝統 ,老舗, 芳村石材店

松尾神社

傾いたり崩れ落ちた玉垣はたいへんに危険です。お参りの方や遊んでいる子供に事故がないとも限りません。早めの修復や新設をお勧めいたします。まず、正確なお見積もりを取られ予算設定をし、具体的にどれだけのご寄進料になるかを決め。初めて実現可能かの判断ができます。玉垣の修復だけでなく修復記念碑などを作り、ご寄進料を押さえ、広くご寄進をお願いされるケースも見られます。昔からの地域に根付いた神社の玉垣だからこそ、大切に、次代の子供たちへも繋げていけたら良いのですが。

玉垣の工事履歴

2007 平成  19  寝屋川 成田山不動尊参道・玉垣石工事  大阪府
2005  平成 17  瀧谷不動尊三十三所堂・荒神堂新築工事  大阪府
2002  平成  14  成田山満福院本堂信徒会館新築工事(愛知県)  愛知県
2002  平成  14  晴明神社境内整備工事  愛知県
2002  平成  14  神泉苑玉垣修復工事  京都府
2001  平成  13  飯積神社社殿石工事(愛媛県)  愛媛県
1986  昭和  61  堤根神社 社殿造営石工事  大阪府
1980  昭和  55  本能寺 霊廟石工事  京都府
1987  昭和  62  堺市大仙公園日本庭園石工事  大阪府
  • Facebook
  • twitter
  • Hatena