京都永代供養墓, 西光密寺, 南丹市八木, 納骨堂

西光密寺阿弥陀堂(本堂)

大堰川の清流を眼下にする天平の古刹で、文覚上人が得度をされたお寺です。また、平安末期を治められた“高倉天皇”ゆかりのお寺です。広い境内には、春は桜が咲きほころび、秋には紅葉が見事に色づきます。ライトアップも行われており、多くの人が紅葉狩りに訪れる隠れた名所です。

永代供養について

納骨堂は紅葉に囲まれた、本堂の中にあります。
毎日、朝・夕にご供養いただけます。また、春、秋の両彼岸とお盆には合同供養法要が行われます。
納骨供養は、宗旨・宗派を問いません。
詳しくはお問い合わせください。

周辺環境

桂川と園部川が合流する付近、広々とした田園の中、府道408号線が通っています。その府道より少し入ったところに西光密寺はあります。参道口向かって右には、元慶6年(882年)よりの歴史を持つ、“荒井神社”があります。
京都高雄の神護寺を復興された、文覚上人が得度をされた寺院です。神護寺より移植されたもみじは、秋になれば数百本の紅葉が錦秋を飾り、南丹市よりは【もみじ寺】として指定されています。
近くには、文覚上人が村人を指導し、つくったといわれる“文覚池”や、“文覚堂”があります。

その他の聖地

その他の聖地は、1区画が、150cm×150cm~で、参道も広く、整備が行き届いています。
駐車場からもバリアフリーでお参りができます。
宗旨・宗派を問いません。

その他の西光密寺の墓地についてはこちら

交通

お車:京都縦貫自動車道「八木西IC」下車、右折3分
電車:JR山陰本線「吉富駅」から徒歩15分。

京都永代供養墓, 西光密寺, 南丹市八木, 納骨堂

参道の鐘楼門

京都永代供養墓, 西光密寺, 南丹市八木, 納骨堂

玉泉紅葉の滝

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena