護王神社の新・イノシシ石造

足腰の守護神として有名な“護王神社”は

京都御所の西側の烏丸通

蛤御門の向かい側あたりにあります。

お口から水が出ているんですよ!

お口から水が出ているんですよ!

和気清麻呂をお祀りしている護王神社さんには

イノシシにまつわるお話があります。

清麻呂公が、トラブルに会い、九州へ下る途中に危ないことが多々起こりました。

その時、突然山の中から現れた300頭ものイノシシが清麻呂公を守って

道案内しましたということです。

新しくお目見えした護王神社・手水舎のイノシシ石造

新しくお目見えした護王神社・手水舎のイノシシ石造

またその後、清麻呂公が悩んでおられた足萎え(あしなえ)は不思議と治り、

公は立って歩くことができるようになったと伝えられています。

この故事により、護王神社は足腰の守護神として広く崇敬されています。

境内にはいろいろなイノシシ像がありますよ。

立ち上がっている可愛いイノシシ

立ち上がっている可愛いイノシシ

是非一度、お参りにいってくださいね。

この新しいイノシシ石造は弊社のオリジナルデザインです。

弊社ではご要望に応じて様々な石彫刻を

おつくりしております。

石造の詳しい説明は、こちら

護王神社さんの正式HPは、こちら

店主ブログ2

Follow me!

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です