京都のお墓 はじめての墓石購入 オリジナル墓 Q&A
周りを海に囲まれ、国土の7割が山を占める日本列島では、地域ごとに様々な石材が産出されます。しかし、墓石に使える石材は大変限られているうえ、国際競争によって衰退してしまった石や後継者不足によって閉鎖された採石場も少なくありません。そのため、現在でも採掘・販売されている国内産墓石材はどれもブランド品といえます。こちらでは、その中でも関西で特に人気のある銘石をご紹介します。

国内産/墓石用・銘石紹介

●庵治(あじ)石/細目石・中細目石・中目石

庵治/中目石 (黒雲母花崗岩)国産墓石, 銘石, 京都, 石屋, 芳村石材店

庵治/中目石
(黒雲母花崗岩)
香川県木田郡
庵治町

庵治/細目石 (黒雲母花崗岩) 国産墓石, 銘石, 京都, 石屋, 芳村石材店

庵治/細目石
(黒雲母花崗岩)
香川県木田郡
庵治町

庵治石の歴史は古く、京都では平安時代から使用されていました。庵治石の故郷である香川県高松市の東部の八栗五剣山は山全体が花崗岩の層です。石の正式名称は細粒黒雲母花こう岩といい、硬い石質、優美な光沢と居ろ、きめの細かさなどが特徴です。中でも細目になるほど青みを帯びた石目にうろこ状の文様が浮かび、石材界の最高級品とされています。「花崗岩のダイヤ」と称され、国内のみならず海外でも高い評価を受けています。
庵治石には、最高級の細目(こめ)と高級品の中目があります。細目はこれ以上のものはないほどの銘石。中目は黒い斑点が散りばめられているのが特徴で、京都では大島石と並ぶ高級墓石として好まれています。

●伊予大島石

伊予大島石, 国産墓石, 銘石, 京都, 石屋, 芳村石材店

伊予大島石
(角閃黒雲母
花崗岩)
愛媛県越智郡
宮窪町

瀬戸内海の大島で採石される大島石は、採石の難しさから、一部の人だけが知る銘石でした。しかし技術進歩に伴って採石量も増え、全国的に高級墓石材としての評判が知れ渡るようになります。大島石の特徴は、石目が青く、細やかなこと。青磁の肌を思わせる気品さから、「石の貴婦人」と呼ばれています。また吸水率が非常に低いため、まさに百年品質の名にふさわしいといえます。

●青木石

青木石 (花崗岩) 国産墓石, 銘石, 京都, 石屋, 芳村石材店

青木石
(花崗岩)
香川県丸亀市広島

産地である瀬戸内海の広島は、塩飽諸島二十八の中で最も大きな島です。青木石の採石の歴史も古く、豊臣秀吉が大阪城を築城した時に使用したのが始まりとされています。それ以降、今日まで墓石材をはじめ、記念碑、石像、建築石材と幅広く活用されています。落ち着いた優しい目合いで、女性にも人気。石目には黒口と白口がありますが、墓石では黒口が人気です。国産石の中では比較的安価なため、最近ご購入なさる方も増加しています。

●北木石

北木石, 国産墓石, 銘石, 京都, 石屋, 芳村石材店

北木石
(花崗岩)
岡山県笠岡市
北木島町

北木石は、笠岡市の北木島から採石されます。青木石同様、大阪白の石垣に使われていましたが、品質が良いため、靖国神社の大鳥居や天皇陵の鳥居にも使われています。石色には白と錆びの2種類があり、墓石には白色を使用します。中でも特に白いものは白水晶とも称されます。錆び色の石は、万成石とともに建築の内装に多く使用されています。

●万成石

万成石, 国産墓石, 銘石, 京都, 石屋, 芳村石材店

万成石
(角閃黒雲母
花崗岩)
岡山市北西部
万成地区

優しく淡い桃色の御影石。硬質で吸水率が低いため、大正時代から建築石材として人気があり、伊勢丹、阪急ビル、日本放送協会、日生劇場、岡山県立大学、岡山県立美術館、大型施設の壁や床材に多く使用されました。歌碑や記念碑などのモニュメントにも好まれ、イサムノグチをはじめ多くの芸術家に愛されてきました。また、吉田茂、高村幸太郎、吉川栄治、石原裕次郎、横山靖、本田美奈子など、多くの著名人のお墓にも使われています。中でも特に濃くて鮮やかな桃色の石は「竜王石」と呼ばれています。(参考:万世石採掘販売組合)

石の産地紹介(国内産銘石)

関西における墓石は、古くから瀬戸内海の味、大島、北木石などが銘石とされてきました。これらの墓石材の産地は海沿いの山や島の中にあるため、海底火山の隆起によってできた石材です。そのため、硬質できめ細かく、美しい石目であるのが特徴です。これらの石の石材としての歴史は長く、豊臣秀吉が大阪城築城の際にも使われました。かつては京都でも白川や鞍馬から銘石が採れ、灯篭や石碑に使われていましたが、今では数も減り非常に高価な石となっています。瀬戸内海の石材も同様に産出量が限られており、さらにキズのなど不良な点がない石は産出量のおよそ10%といわれ、価値が高くなっています。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena